野良猫

台風シーズン到来!野良猫はどこに避難している?気をつけてあげることは?

今年も台風シーズンが到来しましたね。

各地で大きな被害が出ており、不安を感じられた方も多いと思います。

さて、そんな台風の日に、外で暮らす野良猫たちはどうやって雨風をしのいでいると思いますか?

毎日顔を合わせる野良猫には何となく愛着が湧いて、つい心配になってしまうものです。

今回は、台風の日に野良猫たちはどこに隠れているのか、

心配になった野良猫ファンたちが自宅に避難させてあげた事例、

また、台風の日に私たちが野良猫にしてあげられることは何かについて、ご紹介します。

 

台風シーズン到来!野良猫はどこにいる?

今年の台風は各地に甚大な被害をもたらしました。

筆者の住む地域では幸いにも、大きな被害はありませんでしたが、

台風による強風により、不安な一夜を過ごしました。

この時期に台風が多いのは毎年のことですが、

野良猫たちは猛烈な雨風をどのようにやり過ごしているのでしょうか?

猫は本能的に避難できる、台風で飛ばされたりはしない

結論から言うと、

野良猫たちは台風の日には本能的に危険を察知して、安全な場所へ逃げ込みます。

筆者が子どもの頃に、屋外で飼育していた猫が台風で飛ばされてしまうことを

子供心にとても心配したものですが、

実際に飛ばされた猫は1匹もいません。

自宅敷地内の倉庫などにうまく隠れて、

台風が過ぎるとケロリとした顔で戻ってきていました。

野良猫たちも同様に、強い雨風により身の危険を感じると、

本能的に安全な場所へと身を隠すことができるのです。

野良猫たちは台風の日、どこに隠れている?

 

では実際に、野良猫たちはどんなところに隠れているのでしょうか?

 

民家の軒下や床下

 

野良猫はそれぞれが縄張りを持っています。

縄張り内の民家の軒下や床下で、雨風を避けて隠れていることがあります。

 

車庫・車の下

車庫の中は、普段から風が凌げて暑さ・寒さから身を守れる、

野良猫たちのお気に入りのスポットのひとつです。

車庫ではなくとも、駐車中の車の下であれば雨から身を守れるし、

車体で風を遮ることができるため、ひとまず身を隠すにはもってこいの場所と言えます。

 

倉庫や物置の中

こちらも、車庫と同様、野良猫たちがよく住み着いている場所です。

薄暗く、人の出入りも少ないので、野良猫たちにとって安心できる場所なのでしょう。

猫は本来群れを作らない生き物ですが、仲間同士で集まって眠っていることもあります。

台風の暴風雨で不安な日も、仲間と安全な場所にいれば平気そうですね。

 

野良猫を家に入れる!保護してみたら、意外とくつろぐことも

台風上陸の際、SNS上で

「野良猫がかわいそうだから家に入れてみた」という画像が話題となったのをご存知ですか?

台風の雨風を心配し、近所の野良猫を自宅に入れてやったところ、

まるで元々飼われていたかのようにくつろぎ始めて驚いた、という内容です。

同じような投稿は台風のたびにいくつかあり、本来警戒心の強いはずの野良猫が、

急に屋内に入れられたにも関わらずくつろぐ姿は、

多くの人に衝撃とちょっとした癒しを与えました。

話題となった野良猫は、以前どのような生活をしていたのかは不明だそうですが、

比較的人間に慣れている野良猫だったのでしょう。

台風の間だけ、と野良猫を保護してやりたい気持ちもわかりますが、

前述のとおり、野良猫たちは元々警戒心の強い生き物です。

ただでさえ台風の到来で気が張り詰めている野良猫を、

無理やり自宅へ入れてやるのは避けたほうが無難です。

人間の干渉によって安全と思っていた場所を離れなければならなくなり、

結果として危険な目に遭ってしまう可能性もあります。

台風が過ぎ去るまで野良猫を保護してやりたいと思っても、

その好意を受け取るかどうかの選択権はあくまでも野良猫たちが持っている

ことを忘れないようにしてあげましょう。

台風の時、野良猫にしてあげられること

顔馴染みの野良猫が、この台風の中どんなふうに

過ごしているのか心配になる方も多いでしょう。

では、そんな野良猫たちのために私たちに

できることは何かあるのでしょうか。

家に入れてあげる

よく懐いた野良猫であれば、これが最も良い方法です。

屋外で暮らす猫は長い間屋内に留まるのが苦手な場合も多いので、

台風が落ち着いて外に出られるようになれば、引き留めず外へ戻してあげてくださいね。

 

避難できる場所作り

前述のとおり、野良猫たちは本能で安全な場所を見つけ出し危険が過ぎ去るのを待ちます。

しかし、体力のない老猫や子猫だとそうもいきません。

そんな猫たちには、ダンボールで作った避難場所を提供してやるといいかもしれません。

風の当たりにくい場所に設置し、重りを入れるか、固定します。

猫が入れば、その分重みが増しますから、

小さな子猫ばかりでない限りはまず飛んでしまう心配はないでしょう。

倉庫や車庫のシャッターを少しだけ開けておく

倉庫や車庫にシャッターが付いている場合、それを少しだけ開けておいてやれば、

野良猫が中に入って雨風をしのぐことできます。

さらに、倉庫や車庫の中にダンボールを設置しておいてあげれば、

安心できる寝床として使ってくれるかもしれません。

 

まとめ

台風シーズンの野良猫の過ごし方、気をつけてあげることのまとめです。
ポイントは4つです。

野良猫は本能で危険を察知できるので、基本的に心配いらない

野良猫たちは、民家の軒下や車庫・倉庫などで台風を雨風をやり過ごしている

台風の日に保護した野良猫は、意外と大胆にくつろぐことも!

台風の日には野良猫の避難場所を用意し、使うかどうかは猫たちに任せる

愛らしい見た目に反する野良猫たちのたくましさにはいつも驚かされますね。

そしてこの台風シーズンを乗り切れば、次は厳しい冬がやってきます。

野良猫たちが少しでも快適に日々を過ごせるよう、見守ってあげたいものですね。

野良にゃんすたグラム

No images found!
Try some other hashtag or username
  • この記事を書いた人

野良 猫 ひろき

野良猫大好きどっとこむは飼い野良猫のノラネコノヤマトと 野良猫大好き調査隊(NDC48)の皆様とお送りしています。

-野良猫
-, , ,

Copyright© 野良猫大好きどっとこむ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.