野良猫

猫はなぜ野良猫(捨て猫)になるのか?原因はペットブーム、人間?

 

一言で野良猫と言っても様々なケースがあります。

野良になる原因は猫によって違うのです。最大の要因は飼い猫を捨ててしまうことです。

飼い猫を捨てることは「動物の愛護及び管理に関する法律」によって

罰せられる違法行為ですが、後を絶たないのが現状。

当然、人がたくさんいる時間帯・場所に捨てる人はいませんから、人知れず捨てられています。

もちろん、そういった動物たちが食べていけるあてもないので、

飢えに苦しんで弱って命を落としてしまう動物たちもいます。

 

しかし一方で、生き残った動物たちが繁殖をし、何世代にも渡って放浪するケースもあります。

それが「野良化した動物」。いわゆる「野良猫」がその例です。

 

もし道端にかわいい猫がいたら、猫好きにはたまらない出会いを感じるでしょう。

しかし、実はその猫も過酷な環境に置かれているという事を理解しなくてはいけません。

 

飼い猫の平均寿命が15歳に対して、野良猫の寿命は4~5歳。

天寿を全うするなんて綺麗ごとではなく、交通事故であったり、

または猫エイズやヘルニアなどの病気が原因で命を落としてしまう猫が7割を占めています。

 

今回はなぜ猫は野良猫になるのかを紹介していたいと思います。

 

なぜ人間は猫を捨てるのか?

 

転居先がペット禁止であるという理由から始まり、多頭飼育の崩壊。

そして飼育放棄。私事ではありますが、うちの猫も飼育放棄により保護されました。

 

我が家の猫は野良猫ではありませんが、最初の飼い主からペットホテルに置き去りにされ、

「もう飼えないから処分してくれ」と、身勝手な人間によって運命を翻弄された猫です。

幸い親切なペットホテルで、すぐに猫を保護しているボランティアさんへ引き渡され、

紆余曲折を経て私の家にたどり着きました。

 

2歳の彼女は我が家の女王となり、毎日家族の癒しの存在として家族の一員となり、

元気に暮らしております。なにより万が一、保健所に持ち込まれていたらと思うとゾッとします。

 

そう言った無責任な人間によって命を奪われる猫も多いのが現状で、

平成28年度の全国の保健所にて命を落としてしまう猫が45,574匹。

あまりにも残酷な数字です。

 

ペットブームが原因?

なぜ今このような状況が日本でおきているのでしょうか?

それは昨今のペットブームに関係しているように思われます。

それは日本が抱える少子高齢化との関係です。

子育てが一段落した夫婦がペットを飼う例が多いということです。

 

まさに「少子化とともにペットが増えている」のであります。

実際にペットの飼育率が最も高いのは50代、次いで60代。

つまりペットが人々の生活との間の中で重要性を高め、必要不可欠の存在になりつつあるのです。

 

犬や猫は単なるペットの域を超えて「パートナー」あるいは

「コンパニオン・アニマル(伴侶動物)」と呼ばれることも多くなりました。

 

一過性の強い時代の中で、寿命のある命を家族として迎えるということは

10年以上の歳月を要する人生の大イベントであり、この連鎖がブームを無限ループさせて

根強い【ペット産業】を支えていると考えられます。

 

また我が家の猫の話になりますが、前の飼い主が高齢で入院しなくてはならず、

その間に預けられたペットホテルで飼い主から見放されました。

 

もちろん大きな決断があったのかもしれませんが、それは人間の勝手であり猫は被害者です。

飼うからには責任をもって臨まなくてはいけません。

飼えなくなるなら、しっかりと次の飼い主を探してあげるべきです。

 

2歳の猫を飼っているならばこの先どのくらいの期間を共に過ごすのか計算は出来るはずです。

もちろん自分の年齢も考慮してです。

それを怠ったわけですから、私は前の飼い主に対して一切の同情はありません。

むしろ怒りを覚えます。

 

これが現在の野良猫や保護猫を生む原因の一つと考えられると思います。

安易にひとつの命を弄んではいけないのです。

 

なぜ猫は野良になるのか?その原因の一部は人間にあるのではないでしょうか。

自分の事情で猫を捨ててしまい、その猫が繁殖を重ね数を増やしていきます。

そして先述した通り、悲惨な最期を迎える猫を生んでしまうのです。

 

野良猫を助けたいあなたへ

 

よく野良猫に餌をあげている人を見かけます。

無責任な優しさは、より猫の寿命を縮めるかもしれません。

でももし猫の為になにかしたいという心優しい方がいらっしゃるならば、

お住まいの地域に野良猫の保護をしているボランティア団体(もしくは個人)が必ずあります。

そちらにお問い合わせいただき、あなたにしかできない野良猫に対する活動がきっと見つかるはずです。

詳しく知りたい方は、野良猫や捨て猫を保護する団体はある?連絡先と活動内容について紹介!

上記のページで紹介していますので見てみて下さいね!

 

近所に住んでいる野良猫を紹介!

最後に。毎朝私に挨拶をしてくれる野良ちゃんがいます。

もう2年ほど通勤の時間に顔を合わせる友達です。

たまに姿がみれない日が続き不安になりますが、ひょっこり現れてニャーとかわいく鳴いてくれます。

その猫に「いってきま~す」と声をかけ職場に向かうことが日課です。

大好きな猫ちゃんたちが1匹でも救われることを切に祈ります。

野良にゃんすたグラム

No images found!
Try some other hashtag or username
  • この記事を書いた人

野良 猫 ひろき

野良猫大好きどっとこむは飼い野良猫のノラネコノヤマトと 野良猫大好き調査隊(NDC48)の皆様とお送りしています。

-, 野良猫
-, ,

Copyright© 野良猫大好きどっとこむ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.