ブログ 野良猫 鶴見線

野良猫大好きブログ:神奈川県の鶴見線沿いの野良猫(浅野駅、海芝浦)

みなさん猫はお好きですか?
このサイトをご覧になっているということは、もちろん猫好きですよね。

では鉄道はお好きですか?
私は好きです。ちょっとだけ、いわゆる“乗り鉄”の気がある。

少し前のことですが、神奈川県に野良猫と鉄道、その両方が楽しめる駅を発見してしまいました。

鶴見線という、JRの路線の一つです。え?聞いたことがないって?

 

神奈川県のJR鶴見線

鶴見線とは、関東地方を走るローカル線の一つです。鉄道好きの間では知らないものがいないほど、定番のローカル線で、東京首都圏からのアクセスも良好なため、大変人気があります。

横浜市の鶴見駅から川崎市の扇町までを往復する路線で、海沿いの工業地帯の通勤の足として使われています。そのため、平日は乗客のほとんどが通勤客ですが、土日になると海沿いの工業地帯の風景を目的に、観光客が利用します。

JRの鶴見線の改札。鶴見線はもともと私鉄だったこともあり、同じJRの路線から乗り換えをする場合でも、一度改札を通り運賃を精算する必要があります。少し面倒ですが、意外性があって面白い。

鶴見線のホームはローカル線ですが、この日は平日の昼間だったため、周りはスーツを着た人たちばかりでした。
私服を着て、カメラを首から提げた私は少し浮いていましたが、鉄道目当ての客が珍しくないためか、はたまた、皆さんのやさしさか、あまりジロジロみられることはありませんでした。

外観や車内のシートはいたって普通。写真は帰りの電車のもののため、ほとんど乗客がいない貸切状態。

○浅野駅で野良猫に会う

鶴見線に乗り込み、鶴見駅から何駅か進むと、浅野駅にたどり着きます。

前述のとおり、鶴見線は鶴見―扇町間の本線の他に、三本もの支線が走っていますが、この日はそのうちの海芝浦に向かうため、途中の浅野駅で乗り換える必要がありました。

鶴見線のダイヤは、通勤客の多い時間他は頻繁に電車が行き来しますが、それ以外の時間帯は電車の本数が非常に少なく、駅でしばらく待つ必要があります。

私が野良猫を発見したのも、乗り換えのために駅で時間をつぶしている間でした。

工業地帯らしい、趣のある駅の風景。改札も無人改札で、さらに駅の構内も広々としている。

と思ったら、駅構内の草むらにむっちりとしたニャン様が。

他にも何匹か、いらっしゃったようですが、今回はこちらの野良ちゃんとご対面。

何がすごいかって、この駅、駅の構内を野良猫が歩いている姿を駅員さんが目にしても、特に気に留める様子がないんですよね。完全に駅の風景の一部と化している。

おそらく、このあたりの住人か、駅員さんに可愛がられているのでしょう。極端に人間を警戒する様子もありませんでした。

ホームを我が物顔で闊歩(かっぽ)するニャン様。

近年では各鉄道会社が、集客のため猫を駅長としてPRすることもありますよね。
ですが、猫とはやはり自由気ままにふるまってこそのもの。

まれに、地方のローカル線の駅の付近でベンチなどに居ついてしまっている野良猫を見ることがありますが、この浅野駅は一味違います。駅のホームの中、入ってます。
駅の構内を自由気ままに歩き回る猫なんて、日本全国を探し回ってもなかなかいないのではないのでしょうか。

人が近くを通っても、電車がホームに到着してもこの様子。恐れる心がないのか、お前には。

特にまわりを人間がうろつこうとも、電車が入ってきっとしても全く気にかける様子がなく、まるで日常の光景とでもいうように自然にたたずんでいるニャン様。そりゃそうだ、駅に住み着いているのだもの。

後日、他の人たちの情報も少し調べてみましたが、他にいた数匹の猫も、たまにホームに出てきてじゃれ合ったりしているようです。

彼ら野良猫が、毎日、浅野駅から降りて工場で働く人たちの、心のオアシスとなっていることは想像に難くありません。
通勤途中の駅に野良猫がいて、毎日お出迎えしてくれたら癒されますよね。私も浅野駅に住みたい。

○そのまま海芝浦へ

浅野駅で一通り野良猫を愛でると、海芝浦行の電車が到着したので乗り込みました。本来の目的はこっち。しかし、野良猫の出会いという思わぬサプライズも経験して、二重においしい。

支線の出ている駅は、どこも海沿いの水路沿いに線路が走っており、よく晴れた日には海風が心地よく、鉄道に興味がない方でも楽しめるスポットになっています。

桜の咲く季節に訪れたため、線路のお隣の、工場の敷地内には桜の花が咲いていました。

○鶴見線を全力でおすすめする理由

以上、野良猫好きの視点から、ローカル線として有名なJR鶴見線の風景をお届けいたしました。

休日や、有給をとった際、どこにも行く当てがなくて暇だ。あるいは、東京観光に訪れたが、ちょっと人とは違うマニアックなスポットに行きたい。

そんな時は、鶴見線の鉄道ぶらり旅などはいかがでしょうか。都内からもアクセスは良好ですよ。

特に周辺に有名な観光スポットがあるわけでもなく、横浜や鎌倉などの観光地と比べ、華やかさでは劣ります。

しかし、思わぬ野良猫との出会いや、工場地帯の一風変わった海沿いの風景など、楽しめる要素は実はたくさんあります。

私のように鉄道好きで、かつ猫好きの人間は、これから野良猫と鉄道というテーマで

沿線を散策してみても面白いかもしれませんね。

野良にゃんすたグラム

No images found!
Try some other hashtag or username
  • この記事を書いた人

野良 猫 ひろき

野良猫大好きどっとこむは飼い野良猫のノラネコノヤマトと 野良猫大好き調査隊(NDC48)の皆様とお送りしています。

-ブログ, 野良猫, 鶴見線
-, ,

Copyright© 野良猫大好きどっとこむ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.